センターミッション

環境に負荷をかけない生物資源、化学資源の循環的創出・活用を目指して

植物や微生物などの生物の機能は、実に多様です。自然界で生物は多様な天然化合物を生合成し、さらに人類は化学合成によって多様な物質をつくり出すことができます。環境資源科学研究センターでは、この生物機能の多様性と化学的多様性を理解し利用することで、環境に負荷をかけずに、炭素や窒素、金属元素などの生物資源、化学資源を活用し、新たに循環的な資源を創出して省エネルギーで利用することを目指します。

大気中の炭素(二酸化炭素)や酸素から有用な物質をつくり出します。窒素から省資源・省エネルギーな方法でアンモニアを合成し、さらに低窒素肥料での植物生産の増加を目指します。環境に負荷を与えずに効率的に金属元素を回収し、活用します。

融合研究プロジェクト

炭素の循環的利活用研究プロジェクト
大気中の炭素(二酸化炭素)や酸素から有用な物質をつくり出します。
窒素等の循環的利活用研究プロジェクト
省資源・省エネルギーな方法でアンモニアを合成、さらに、低窒素肥料での植物生産の増加を目指します。
金属元素の循環的利活用研究プロジェクト
環境に負荷を与えずに効率的に金属元素を回収し、活用します。
循環資源探索・活用研究基盤プロジェクト
循環資源の探索と利用研究のための研究基盤を構築します。