金属元素の循環的利活用研究プロジェクト
R&D Project of Metallic Elements Utilization

環境に負荷を与えずに効率的に金属元素を回収し、活用します。

希土類や遷移金属元素などを用いた錯体触媒が開発され、化学合成によってさまざまな有用物質が生み出されています。しかし、触媒に使われる金属元素の多くは希少かつ高価であり、資源に乏しい日本はそのほとんどを輸入に頼っています。金属元素プロジェクトでは、これら特殊な金属触媒のさらなる高機能化や使用量の低減を目指すと同時に、より豊富で安価な金属を用いて、高活性、高効率、高い選択性を示す新たな触媒の開発を行います。また、都市鉱山として埋没している有用な金属を回収して再利用することも重要です。コケなどの植物や微生物が持つ生物機能を活用し、環境に負荷を与えずに効率的に資源を回収する技術の実用化を目指します。この技術は、金属などで汚染された土壌や水の環境浄化にも役立ちます。

金属元素の循環的利活用研究プロジェクト

多様な生物機能や元素の中から環境や資源に貢献できる機能を見つけ出し、産業につなげていきます。

侯 召民

プロジェクトリーダー

侯 召民 Zhaomin Hou

工学博士

金属元素は身の回りの製品に様々な形で使われています。ただ、その中には希少なものや生物に有害なものもあります。持続的な社会を実現するためには希少な元素資源の代替や使用量の低減、循環利用を進めていかねばなりません。私たちは金属触媒の高機能化を目指すと同時に、より安価な金属でも高い能力を示す新たな触媒の開発を行います。また私たちは、ある種のコケ植物が鉛を高濃度で蓄積することを発見し、企業と共同研究を進めてきました。このコケは金も吸収し、体内で金コロイドを形成することも分かりました。私たちは基礎科学の研究者であり、生物の新しい現象を発見し、そのメカニズムを説き明かすことが専門です。当プロジェクトでは、多様な生物機能の中から金属の回収や環境浄化に役立つ機能を見つけ出し、利用します。また、化学からのアプローチが加わることよって、効率よく金属を蓄積するような改良ができるかもしれません。既存の金属回収技術と比べると、生物は扱いにくく採算も最初は取れないでしょう。しかし、石油消費型社会から脱却し、再生可能な生物資源を活用した循環型社会への転換は、人類の存続のためには不可避です。金属回収や環境浄化で微生物や植物が当たり前に使われている──そんな社会の実現への足がかりをつくりたいと思っています。