理化学研究所 環境資源科学研究センター(CSRS)と千葉大学 植物分子科学研究センターは、
2020年12月に連携協定を締結しました。
これを記念して、キックオフミーティングを下記の通り開催いたします。
多くの方のご参加をお待ちしております。

理研CSRSー千葉大学 植物分子科学研究センター 植物科学ジョイントセミナー
日時 2021年10月12日(火)13:00〜17:25
形式:オンライン(Zoom)

ポスター
  (PDF: 178KB)


プログラム

13:00-13:05 開会の辞 小寺 秀俊(理研・理事)
13:05-13:15 両センターの紹介と連携協定について
 斉藤 和季(理研CSRS/千葉大学植物分子科学研究センター・センター長)
講演  座長:松井 南(理研CSRS合成ゲノミクス研究グループ・グループディレクター)
13:15-13:45 植物の油滴から解き明かす脂質代謝制御機構
 島田 貴士(千葉大学大学院園芸学研究院分子生体機能学研究室、
       植物分子科学研究センター・助教)
13:45-14:15 植物細胞の超微形態と分子局在を捉える顕微鏡技術の開発とその応用
 豊岡 公徳(理研CSRS質量分析・顕微鏡解析ユニット・上級技師)
14:15-14:45 植物工場を用いた高機能性物質生産
 吉田 英生(千葉大学大学院園芸学研究院環境調節工学研究室・助教)
 後藤 英司(千葉大学大学院園芸学研究院環境調節工学研究室・教授)
14:45-14:55    休憩
講演  座長:山崎 真巳(千葉大学大学院薬学研究院遺伝子資源応用研究室・教授)
14:55-15:25 メタボロミクスとの統合オミクス解析による植物代謝研究
 平井 優美(理研CSRS代謝システム研究チーム・チームリーダー、
       質量分析・顕微鏡解析ユニット・ユニットリーダー)
15:25-15:55 種子圏をモデルとした動物ー植物間化学コミュニケーション機構の解明
 石川 勇人(千葉大学大学院薬学研究院中分子化学研究室・教授)
15:55-16:25 代謝遺伝子制御のニ段階モデル:化学多様性を導く普遍的設計
 庄司 翼(理研CSRS統合メタボロミクス研究グループ・上級研究員)
16:25-16:35    休憩
特別講演  座長:石橋 正己(千葉大学大学院薬学研究院活性構造化学研究室・教授)
16:35-17:20 フラボノイド系色素の化学と生物学
 吉田 久美(名古屋大学大学院情報学研究科・教授)
17:20-17:25 閉会の辞 中谷 睛昭(千葉大学・理事)
 

お問い合わせ

ジョイントセミナー事務局
理化学研究所 環境資源科学研究センター
Email:csrs[at]riken.jp