Home > 研究室 >

先進機能触媒研究グループ
Advanced Catalysis Research Group

グループディレクター

侯 召民 Zhaomin Hou

工学博士

侯 召民

略歴を表示する

略歴を隠す

1989
九州大学大学院工学研究科応用化学専攻 博士課程修了
1990
理化学研究所 基礎科学特別研究員
1991
カナダ ウィンザー大学化学科 博士研究員
1993
理化学研究所 研究員
1997
同 副主任研究員
2002
同 侯有機金属化学研究室 主任研究員(現職)
2010
同 先進機能物質創製研究グループ グループディレクター
2013
同 環境資源科学研究センター 副センター長 (現職)
2013
同 環境資源科学研究センター 先進機能触媒研究グループ グループディレクター(現職)

お問い合わせ

houz

理化学研究所 環境資源科学研究センター
先進機能触媒研究グループ

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2番1号
物質科学研究棟6階S608号室
和光へのアクセス

関連リンク

2012年度までの研究については、上記アーカイブをご参照下さい。

研究概要

先進機能触媒研究グループ
新しい触媒の開発は、従来にない優れた機能を持つ物質の創製につながり、不可能だと思われていた化学反応を可能にするなど、様々な分野にインパクトを与える極めて重要な研究課題です。当グループでは、各種金属元素の特徴を活かした革新的触媒の開発を通じて、省資源・活資源・省エネルギー型物質創製を追求します。特に、窒素から温和な条件下でのアンモニア合成や含窒素有機化合物の合成、二酸化炭素を活用するカルボン酸などの高付加価値有機化合物の合成、複数の異なるモノマーの効率的・選択的共重合による高機能ポリマー材料の創製など、実用化も念頭に多方面にわたる基礎研究を行います。

研究テーマ

  1. 窒素の活性化と有効利用を目指した新規触媒の開発
  2. 二酸化炭素を高付加価値有機化合物の合成に活用する高性能触媒の開発
  3. 高機能ポリマー材料の創製を目指した精密重合触媒の開発
様々のモノマーを精密に共重合できる高性能希土類触媒
単離されたCO2固定化反応の中間体