Home > 研究室 >

生理活性物質探索研究ユニット
Bio-Active Compounds Discovery Unit

ユニットリーダー

渡邉 信元 Nobumoto Watanabe

理学博士

渡邉 信元

略歴を表示する

略歴を隠す

1987
東京大学大学院理学系研究科 博士課程修了
1987
理化学研究所 分子腫瘍学研究室 特別研究生
1989
同 ジーンバンク室 研究員
1992
米国 ソーク研究所 リサーチアソシエイト
2001
理化学研究所 抗生物質研究室 先任研究員
2006
マレーシア科学大学 客員教授(現職)
2008
理化学研究所 化合物バンク評価研究チーム 先任研究員
2009
同 化合物ライブラリー評価研究チーム チームヘッド
2013
同 環境資源科学研究センター 生理活性物質探索研究ユニット ユニットリーダー(現職)

お問い合わせ

nwatanab

理化学研究所 環境資源科学研究センター
ケミカルバイオロジー研究グループ
生理活性物質探索研究ユニット

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2番1号
ケミカルバイオロジー研究棟
和光へのアクセス

関連リンク

2012年度までの研究については、上記アーカイブをご参照下さい。

研究概要

生理活性物質探索研究ユニット
循環資源の探索と利用研究に活用できる研究基盤構築のため、生理活性物質の探索・評価プラットフォームの開発を行っています。プラットフォームの開発とその高度化によって、光合成機能・窒素固定能の活性化、脱窒抑制、微量元素回収活性の強化等といったセンターの目標に資する生理活性物質探索に貢献しています。具体的には、理研NPDepo化合物ライブラリーの生物活性評価を行うとともに、物理的相互作用検出技術の開発を、リン酸化依存タンパク質間相互作用認識系や、化合物アレイによるタンパク質-小分子化合物認識系の開発を中心に行っています。

研究テーマ

  1. 新規分子標的を有する化合物を見出す探索系の構築
  2. 新規生理活性を有する化合物の作用機作解析
  3. 化合物アレイシステムの高度化
  4. 新たな分子標的の開拓と機能解析
化合物アレイによる化合物探索
タンパク質間相互作用阻害剤のハイスループット探索系