Home > 研究室 >

バイオプローブ研究グループ
Bioprobe Research Group

グループディレクター

長田 裕之 Hiroyuki Osada

農学博士

長田 裕之

略歴を表示する

略歴を隠す

1983
東京大学大学院農学系研究科農芸化学専攻 博士課程修了
1983
理化学研究所 抗生物質研究室 研究員
1992
同 主任研究員
2008
同 ケミカルバイオロジー研究領域 領域長
2009
同 ケミカルバイオロジー研究基盤施設 施設長
2011
同 理研-マックスプランク連携研究センター 連携センター長
2011
同 バイオプローブ応用チーム チームリーダー
2011
同 理研-KRIBB連携研究チーム チームヘッド
2011
同 理研-USM連携研究チーム チームヘッド
2013
同 環境資源科学研究センター 副センター長(現職)
2013
同 環境資源科学研究センター ケミカルバイオロジー研究グループ グループディレクター(現職)
2013
同 環境資源科学研究センター 化合物リソース開発研究ユニット ユニットリーダー(現職)
2015
同 環境資源科学研究センター 技術基盤部門 部門長(現職)
2016
同 環境資源科学研究センター 創薬ケミカルバンク基盤ユニット 基盤ユニットリーダー (現職)
2017
同 環境資源科学研究センター 理研-マックスプランク連携研究部門

バイオプローブ研究グループ グループディレクター(現職)

お問い合わせ

hisyo

理化学研究所 環境資源科学研究センター
バイオプローブ研究グループ

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2番1号
ケミカルバイオロジー研究棟
和光へのアクセス

関連リンク

研究概要

当グループでは、ドイツ・ドルトムントのマックスプランク分子生理学研究所(MPI of Mol. Physiol. ヘルベルト・ワルドマン教授のグループ)と連携して、ケミカルバイオロジー技術による研究解析を行っています。互いのグループへ若手研究者を長期滞在させることで緊密にかつ継続した共同研究を行っています。特に連携研究で見出された化合物の細胞内標的同定を主な解析テーマとして研究を進めています。

研究テーマ

  1. 生理活性物質の細胞内標的同定
ケモプロテオベース