Home > 研究室 >

バイオマス研究基盤チーム
Biomass Research Platform Team

チームリーダー

篠崎 一雄 Kazuo Shinozaki

理学博士

篠崎 一雄

お問い合わせ

kazuo.shinozaki

理化学研究所 環境資源科学研究センター
バイオマス工学研究部門
バイオマス研究基盤チーム

〒305-0074 茨城県つくば市高野台3丁目1番1号
筑波へのアクセス

〒230-0045
神奈川県横浜市鶴見区末広町1丁目7番22号
交通アクセス

関連リンク

研究概要

植物や微生物等の関連リソースやゲノム情報等の基盤整備、メタボローム解析手法などに関わる研究開発が目的です。セルロースバイオマス増産研究のモデル植物として期待される「ブラキポディウム」におけるセルロース生産向上、生長や環境耐性の向上等に関わる遺伝子資源などのリソース整備を実施するとともに、シロアリ共生微生物群などを対象に、メタゲノム解析及びシングルセルでのゲノム解析を行います。

研究テーマ

  1. バイオマスモデル植物のブラキポディウム(Brachypodium distachyon)を用いた変異体や完全長cDNAの収集等のリソース基盤整備
  2. 逆遺伝学および比較ゲノム解析に基づいたバイオマス生産性(収量と環境耐性など)に関わる遺伝子の探索と利用
  3. バイオマス生産に関わる樹木、草本への応用展開を目指した情報基盤の構築
  4. メタゲノム解析、単細胞ゲノム解析により、シロアリ共生菌などから木質分解に関わる重要遺伝子の探索と微生物リソースの整備
  5. バイオマス関連の代謝解析のための技術基盤の構築と解析
モデルとなるバイオマス植物および微生物に関する総括的基盤研究の整備