Home > 研究室 >

ケミカルバイオロジー研究グループ
Chemical Biology Research Group

グループディレクター

長田 裕之 Hiroyuki Osada

農学博士

長田 裕之

略歴を表示する

略歴を隠す

1983
東京大学大学院農学系研究科農芸化学専攻 博士課程修了
1983
理化学研究所 抗生物質研究室 研究員
1992
同 主任研究員
2008
同 ケミカルバイオロジー研究領域 領域長
2009
同 ケミカルバイオロジー研究基盤施設 施設長
2011
同 理研-マックスプランク連携研究センター 連携センター長(現職)
2011
同 バイオプローブ応用チーム チームリーダー
2011
同 理研-KRIBB連携研究チーム チームヘッド
2011
同 理研-USM連携研究チーム チームヘッド
2013
同 環境資源科学研究センター 副センター長(現職)
2013
同 環境資源科学研究センター ケミカルバイオロジー研究グループ グループディレクター(現職)
2013
同 環境資源科学研究センター 化合物リソース開発研究ユニット ユニットリーダー(現職)
2015
同 環境資源科学研究センター 技術基盤部門 部門長(現職)
2016
同 環境資源科学研究センター 創薬ケミカルバンク基盤ユニット 基盤ユニットリーダー (現職)

お問い合わせ

hisyo

理化学研究所 環境資源科学研究センター
ケミカルバイオロジー研究グループ

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2番1号
ケミカルバイオロジー研究棟
TEL: 048-467-9541
FAX: 048-462-4669
和光へのアクセス

関連リンク

2012年度までの研究については、上記アーカイブをご参照下さい。

研究概要

化学を出発点として生命現象の解明を目指す「ケミカルバイオロジー」研究を推進するためには、化合物ライブラリーを整備し、それを活用するためのプラットホームを構築することが重要です。

当グループは、微生物、植物の代謝産物に着目して天然化合物を収集・合成するとともに、その化学情報および生物情報を集録したデータベースを構築します。天然化合物ライブラリーから新しい生理活性物質を探索するとともに、生理活性物質の標的タンパク質同定、作用機作解析を行う。更に、タンパク質および天然有機化合物の構造研究などの研究基盤を整備し、ケミカルバイオロジーと環境資源科学に関連する基礎研究を遂行します。

研究テーマ

  1. 天然化合物バンクおよびデータベースの構築
  2. 遺伝子工学的・合成化学的技術を駆使した化合物バンクの拡充
  3. ハイスループットスクリーニング系・生物活性評価系による生理活性物質探索
  4. 化合物・タンパク質の相互作用解析とその技術開発
代謝産物を物性(極性と分子量)をもとに二次元上の分布として表したNPPlot(Natural Products Plot)
HeLa細胞のプロテオーム変化を利用した薬剤標的解析システム「プロテオベース」