Home > 研究室 >

創薬ケミカルバンク基盤ユニット
Chemical Bank Unit for Drug Discovery Platform

基盤ユニットリーダー

長田 裕之 Hiroyuki Osada

農学博士

長田 裕之

略歴を表示する

略歴を隠す

1983
東京大学大学院農学系研究科農芸化学専攻 博士課程修了
1983
理化学研究所 抗生物質研究室 研究員
1992
同 主任研究員
2008
同 ケミカルバイオロジー研究領域 領域長
2009
同 ケミカルバイオロジー研究基盤施設 施設長
2011
同 理研-マックスプランク連携研究センター 連携センター長(現職)
2011
同 バイオプローブ応用チーム チームリーダー
2011
同 理研-KRIBB連携研究チーム チームヘッド
2011
同 理研-USM連携研究チーム チームヘッド
2013
同 環境資源科学研究センター 副センター長(現職)
2013
同 環境資源科学研究センター ケミカルバイオロジー研究グループ グループディレクター(現職)
2013
同 環境資源科学研究センター 化合物リソース開発研究ユニット ユニットリーダー(現職)
2015
同 環境資源科学研究センター 技術基盤部門 部門長(現職)
2016
同 環境資源科学研究センター 創薬ケミカルバンク基盤ユニット 基盤ユニットリーダー (現職)

お問い合わせ

npdepo

理化学研究所 環境資源科学研究センター
創薬・医療技術基盤連携部門
創薬ケミカルバンク基盤ユニット

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2番1号
ケミカルバイオロジー研究棟
和光へのアクセス

関連リンク

2012年度までの研究については、上記アーカイブをご参照下さい。

研究概要

当ユニットは、創薬・医療技術基盤プログラムにおける化合物探索、構造最適化の過程で合成あるいは購入された創薬シード化合物を適正な環境下で保管管理し、それらの化合物をライブラリー化し、生物活性評価、毒性・安全性評価などの目的に応じて提供するケミカルバンク機能を担っております。化合物リソース開発研究ユニットと連携し、創薬のためにスクリーニング用化合物ライブラリーを整備して、創薬シード化合物探索基盤ユニットをはじめとする創薬研究者に提供します。また、ヒット化合物をライブラリーの中から迅速に選抜し、効率良く提供するための化合物管理データベースの構築を進めています。

研究テーマ

  1. 創薬用化合物ライブラリーの受託と保管
  2. 創薬スクリーニング用化合物ライブラリーの配布
  3. 化合物管理データベースの構築
化合物ライブラリー保管庫