Home > 研究室 >

細胞機能研究チーム
Cell Function Research Team

チームリーダー

杉本 慶子 Keiko Sugimoto

Ph.D.

杉本 慶子

略歴を表示する

略歴を隠す

ResearcherID

2000
オーストラリア国立大学大学院植物科学専攻 博士課程修了
2000
英国 ジョンイネスセンター ポストドクトラルフェロー
2003
英国 ジョンイネスセンター 日本学術振興会海外特別研究員
2005
英国 ジョンイネスセンター グループリーダー
2007
理化学研究所 植物科学研究センター 細胞機能研究ユニット ユニットリーダー
2012
同 細胞機能研究チーム チームリーダー
2013
同 環境資源科学研究センター 細胞機能研究チーム チームリーダー(現職)

お問い合わせ

keiko.sugimoto

理化学研究所 環境資源科学研究センター
細胞機能研究チーム

〒230-0045
神奈川県横浜市鶴見区末広町1丁目7番22号
東研究棟6階E612号室
TEL: 045-503-9575
FAX: 045-503-9591
横浜へのアクセス

関連リンク

2012年度までの研究については、上記アーカイブをご参照下さい。

研究概要

細胞機能研究チーム
生物界において個体、また個体を形成する器官、組織、細胞などの大きさがいかに決定されるかという問題は基礎、応用研究上非常に重要ですが、その制御機構についてはほとんど解明されていません。当チームではこの問題を特に植物の器官、細胞の大きさ制御の視点から解明することを目指しています。植物の器官や細胞の大きさは外因性、内因性の様々な要素からなる複雑な制御ネットワークによって規定されています。これらのネットワークに関与する遺伝子群を同定し、高等植物の大きさを決定する制御システムを解明していきます。またこれらの基礎研究から得られた成果を利用して作物の生産性を向上するための新手法を確立することを目指します。

研究テーマ

  1. 植物細胞の大きさを制御するメカニズムの分子遺伝学的解析
  2. 植物の器官の大きさを制御する因子の単離及びそのメカニズムの研究
  3. 植物の細胞、器官の大きさを改変する低分子化合物の単離、解析
シロイヌナズナの茎頂メリステム
茎頂メリステムの細胞は分裂を繰り返した後核内倍加周期に移行し、分化し始める。
シロイヌナズナのトライコーム細胞
葉の表皮細胞が分化して形成されるトライコームは単細胞からなっており、核内倍加周期の進行に伴って数百倍にも巨大化する。