Home > 研究室 >

ケミカルゲノミクス研究グループ
Chemical Genomics Research Group

グループディレクター

吉田 稔 Minoru Yoshida

農学博士

吉田 稔

略歴を表示する

略歴を隠す

1986
東京大学大学院農学系研究科農芸化学専攻 博士課程修了
1986
東京大学農学部 助手
1995
同 助教授
2002
理化学研究所 化学遺伝学研究室 主任研究員(現職)
2002
東京大学 客員教授(現職)
2003
埼玉大学 客員教授(現職)
2008
理化学研究所 ケミカルゲノミクス研究グループ グループディレクター
2011
京都大学 客員教授(現職)
2013
理化学研究所 環境資源科学研究センター ケミカルゲノミクス研究グループ グループディレクター(現職)
2013
同 環境資源科学研究センター 創薬・医療技術基盤連携部門 部門長(現職)
2013
同 環境資源科学研究センター 創薬シード 化合物探索基盤ユニット 基盤ユニットリーダー(現職)

お問い合わせ

yoshidam

理化学研究所 環境資源科学研究センター
ケミカルゲノミクス研究グループ

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2番1号
TEL: 048-467-9516
FAX: 048-462-4676
和光へのアクセス

関連リンク

2012年度までの研究については、上記アーカイブをご参照下さい。

研究概要

ケミカルゲノミクス研究グループ
ケミカルバイオロジーのアプローチにより、様々な生命現象を理解し、それを人為的に制御するためには、ユニークな活性を持つ新たな小分子リガンドの開発が必須です。そこで当グループは、化合物ライブラリーから環境資源科学の進展に貢献可能な新しい分子リガンドの発見を目指します。具体的には、動植物・微生物細胞を用いた表現型スクリーニング系、あるいは代謝調節やエピゲノム等を標的としたin vitroスクリーニング系を構築し、探索研究を行います。さらにハイスループットスクリーニングの高度化を目指した基盤研究を行います。これらのケミカルバイオロジー研究を通じて、環境資源科学研究の新しい方法論を開拓することを研究目標としています。

研究テーマ

  1. 脱窒、窒素固定など窒素代謝を化学的に制御するための基礎・応用研究
  2. 物質生産性の向上を目指したエネルギー代謝、エピゲノム調節物質スクリーニング系の開発
  3. スクリーニング技術の高度化を目指したケミカルバイオロジー基盤研究
生細胞内でヒストンH4K12アセチル化を観察可能な蛍光プローブHistac-K12を用いたヒストンアセチル化のライブ映像
生細胞に発現させたHiatac-K12を用いて、ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤に応答したヒストンH4K12のアセチル化レベルの変化を疑似カラーで表示した。本プローブによって生細胞内のヒストンH4K12アセチル化レベルの動態解析だけでなく、ヒストンアセチル化を標的とした薬剤の評価、スクリーニングが可能になった。