Home > 研究室 >

触媒・融合研究グループ
Catalysis and Integrated Research Group

グループディレクター

袖岡 幹子 Mikiko Sodeoka

薬学博士

袖岡 幹子

略歴を表示する

略歴を隠す

1986
北海道大学薬学部 教務職員/助手
1989
千葉大学大学院薬学研究科 博士学位取得
1992
東京大学薬学部 助手
1996
相模中央化学研究所 副主任研究員/主任研究員
1999
東京大学分子細胞生物学研究所 助教授
2000
東北大学反応化学研究所/多元物質科学研究所 教授
2004
理化学研究所 袖岡有機合成化学研究室 主任研究員 (現職)
2013
同 環境資源科学研究センター 融合・触媒研究グループ グループディレクター(現職)

お問い合わせ

sodeoka

理化学研究所 環境資源科学研究センター
触媒・融合研究グループ

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2番1号
物質科学研究棟6階S601号室
和光へのアクセス

関連リンク

2012年度までの研究については、上記アーカイブをご参照下さい。

研究概要

触媒・融合研究グループ
環境資源科学に資する、遷移金属触媒を用いる新規反応の開発と、植物科学と化学との融合研究に取り組みます。特に、物質の構造、機能を分子状酸素を利用した触媒的酸化反応で調節する手法を開発し、炭素資源や金属資源の有効活用に貢献することを目指しています。また、精密有機合成化学を基盤とする天然資源の有用物質への変換や、開発した有機反応によって合成できる化合物や植物などの二次代謝産物の有効活用法の探索にも取り組んでいます。特に植物二次代謝産物は、植物、動物に対する機能が未知のものも多いことから、それらの活用を多面的に探索することにも挑戦しています。さらに、当研究センターの植物や微生物科学と化学の連携研究に貢献することも目指しています。

研究テーマ

  1. 炭素、酸素、金属の有効活用を目指す触媒的物質変換反応の開発
  2. 二次代謝産物の機能解析と活用法の探索
  3. センター内連携による融合研究