Home > 研究室 >

適応制御研究ユニット
Dormancy and Adaptation Research Unit

ユニットリーダー

瀬尾 光範 Mitsunori Seo

博士(理学)

瀬尾 光範

略歴を表示する

略歴を隠す

2002
東京都立大学大学院理学研究科 博士課程修了
2002
理化学研究所 植物科学研究センター 基礎科学特別研究員
2005
同 研究員
2005
フランス 国立農業研究所 学術振興会海外特別研究員
2007
同 ポスドク研究員
2008
理化学研究所 植物科学研究センター 適応制御研究ユニット ユニットリーダー
2013
同 環境資源科学研究センター 適応制御研究ユニット ユニットリーダー(現職)

お問い合わせ

mitsunori.seo

理化学研究所 環境資源科学研究センター
適応制御研究ユニット

〒230-0045
神奈川県横浜市鶴見区末広町1丁目7番22号
中央研究棟6階C614号室
横浜へのアクセス

関連リンク

研究概要

適応制御研究ユニット

当ユニットでは種子休眠、発芽、ストレス応答に代表される植物の適応反応の制御機構を明らかにする研究を行っています。これらの生理作用に重要な役割を果たすことが知られているアブシシン酸、ジベレリン、ジャスモン酸などの植物ホルモンに着目し、その生合成および輸送機構の解明に取り組んでいます。さらに遺伝的、化学的な制御により、輸送体や生合成制御因子の機能を有効に利用することで、植物の生産性や環境適応力を高める技術開発に取り組みます。

研究テーマ

  1. 植物ホルモン輸送体の同定と機能解析
  2. 植物ホルモンの生合成制御機構の解明
  3. 種子休眠と発芽の制御因子の同定
新奇アブシシン酸輸送体のAIT1の同定
(a) 野生型およびait1変異体の花茎の表面温度
(b) 野生型およびait1変異体の花茎の気孔開度
AIT1のプロモーター活性
(a) 芽生え(b)花茎