Home > 研究室 >

創薬化学基盤ユニット
Drug Discovery Chemistry Platform Unit

基盤ユニットリーダー

小山 裕雄 Hiroo Koyama

薬学博士

小山 裕雄

略歴を表示する

略歴を隠す

1987
東京大学大学院薬学系研究科製薬化学専攻 博士課程修了
1987
米国 マサチューセッツ工科大学化学科 博士研究員
1990
三共株式会社 活性物質研究所
1991
米国 Department of Medicinal Chemistry, Merck Research Laboratories 上級研究員
2010
米国 PTC Therapeutics Inc. 化学主任研究員
2013
理化学研究所 分子イメージング研究センター 創薬化学基盤ユニット 上級研究員
2013
同 ライフサイエンス技術基盤研究センター 創薬化学基盤ユニット 基盤ユニットリーダー
2018
同 環境資源科学研究センター 創薬化学基盤ユニット 基盤ユニットリーダー (現職)

お問い合わせ

hiroo.koyama

理化学研究所 環境資源科学研究センター
創薬・医療技術基盤連携部門
創薬化学基盤ユニット

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2番1号
研究本館6階628号室
和光へのアクセス

関連リンク

研究概要

創薬化学基盤ユニット
当ユニットの主な目的は低分子新規疾病治療薬の開発候補品を見出し、動物に於ける安全性試験とそれに続く臨床試験に供する事にあります。ユニット構成員はリード化合物を創出し、標的とする受容体や酵素などに対する活性、薬物代謝、体内動態などの最適化を構造活性相関の研究を通して行います。その際には、理化学研究所内に蓄積された優れた基礎研究の成果、例えばX線結晶構造解析やコンピュータを用いた化合物と受容体などの結合様式の同定や予測などの技術を総動員して、創薬の迅速化を図ります。現在、主として希少病や難治性の癌治療薬などの開発に取り組んでいます。

研究テーマ

  1. メディシナルケミストリーの手法を用いた低分子治療薬、診断薬の開発
低分子創薬における創薬化学基盤ユニットの役割