Home > 研究室 >

機能開発研究グループ
Gene Discovery Research Group

グループディレクター

篠崎 一雄 Kazuo Shinozaki

理学博士

篠崎 一雄

略歴を表示する

略歴を隠す

ResearcherID

1977
名古屋大学大学院理学研究科分子生物学専攻 博士課程修了
1978
国立遺伝学研究所 研究員
1983
名古屋大学理学部 助手
1986
同 遺伝子実験施設 助教授
1987
米国 ロックフェラー大学 客員研究員
1989
理化学研究所 筑波研究所 植物分子生物学研究室 主任研究員
1993
筑波大学大学院生物科学研究科 客員教授(現職)
1999
理化学研究所 ゲノム科学総合研究センター プロジェクトディレクター
2003
東京大学大学院総合文化研究科 客員教授
2005
理化学研究所 植物科学研究センター センター長
2005
同 機能開発研究グループ グループディレクター
2005
同 機能開発研究チーム チームリーダー
2005
慶応義塾大学大学院政策メディア研究科 特別研究教授(現職)
2010
理化学研究所 バイオマス工学研究プログラム プログラムディレクター
2010
同 バイオマス研究基盤チーム チームリーダー
2013
同 環境資源科学研究センター センター長(現職)
2013
同 機能開発研究グループ グループディレクター(現職)

お問い合わせ

kazuo.shinozaki

理化学研究所 環境資源科学研究センター
機能開発研究グループ

〒230-0045
神奈川県横浜市鶴見区末広町1丁目7番22号
横浜へのアクセス

305-0074 茨城県つくば市高野台3丁目1番1号
筑波へのアクセス

関連リンク

研究概要

植物の生産性向上に関わるシロイヌナズナや作物での重要な機能を持つ遺伝子の探索(ジーンディスカバリー)を進めています。とくに植物の量的な向上に関わる生理機能を持つ遺伝子の探索、栽培環境の影響を最小限にして最大限の生産性を発揮できるような新機能を付与した作物を作成するための研究技術開発を行います。さらに環境応答や環境適応、さらに光合成機能に関与する遺伝子、それらの発現を調節する制御因子、シグナル伝達因子などの探索と解析を進めます。これらを利用して、効率の良い遺伝子発現法や遺伝子導入法の開発をすすめ、植物の環境耐性や水利用効率の向上、さらには光合成機能の向上を目指します。これらの研究成果を基に環境の影響を最小限にして最大の収量が得られる作物の開発に関与する基盤技術を開発します。

研究テーマ

  1. 環境ストレス応答に関わる制御因子、シグナル伝達因子の探索と解析
  2. 逆遺伝学および比較ゲノム解析に基づいた植物の生産性に関わる遺伝子の探索と利用
  3. コムギ、イネなどの応用作物を用いた環境ストレス耐性作物の作出
  4. 変異体リソースと表現型解析技術を利用した新規遺伝子の探索
機能開発研究グループ研究の概要
アブシジン酸(ABA)のシグナル伝達機構