Home > 研究室 >

グリーンナノ触媒研究チーム
Green Nanocatalysis Research Team

チームリーダー

山田 陽一 Yoichi M. A. Yamada

博士(薬学)

山田 陽一

略歴を表示する

略歴を隠す

1999
東京大学大学院薬学系研究科分子薬学専攻分子薬学専攻 博士課程修了
1999
帝京大学薬学部 助手
2003
米国 スクリプス研究所化学科 リサーチアソシエイト
2003
分子科学研究所 / 総合研究大学院大学 助手
2007
分子科学研究所 助教
2007
理化学研究所 物質変換研究チーム 副チームリーダー
2010
理化学研究所 基幹研究所 グリーンナノ触媒研究チーム 副チームリーダー
2013
理化学研究所 環境資源科学研究センター グリーンナノ触媒研究チーム 副チームリーダー
2018
同 環境資源科学研究センター グリーンナノ触媒研究チーム チームリーダー(現職)

お問い合わせ

ymayamada

理化学研究所 環境資源科学研究センター
グリーンナノ触媒研究チーム

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2番1号
物質科学研究棟4階N401-2号室
和光へのアクセス

関連リンク

研究概要

グリーンナノ触媒研究チーム

「高活性で再利用可能な触媒開発の一般的方法論を示すことができないか?」「もし物凄く活性が高い触媒が創れたら、今までに実現していない反応を進行させることができるのではないか?」「高活性な触媒に光を当てたら、どのような反応を促進するのか?」「グリーンケミストリー(環境にも人にも優しい化学)に最適な触媒は造れないか?」という命題に対して解答を示していくことが、平成30年度から発足する新チームのミッションです。酵素・光電変換をおこなう生物・マテリアルからの啓発された、高分子配位子と金属との自己組織化触媒、マイクロ空間・ナノ空間物質と触媒分子・クラスターが融合した空間型触媒、さらには光と相互作用する光励起型触媒の開発を行ってきます。

研究テーマ

  1. 高分子配位子と金属との自己組織化触媒の開発
  2. マイクロ空間・ナノ空間物質と触媒分子・クラスターが融合した空間型触媒の開発
  3. 光励起型触媒の開発
高分子デカタングステン酸触媒の開発と光触媒への応用
高分子ピリミジン―パラジウム触媒の創製とクロスカップリングへの応用