Home > 研究室 >

統合メタボロミクス研究グループ
Metabolomics Research Group

グループディレクター

斉藤 和季 Kazuki Saito

薬学博士

斉藤 和季

略歴を表示する

略歴を隠す

ResearcherID

1981
慶応義塾大学医学部 助手
1982
東京大学大学院薬学系研究科 博士学位取得
1985
千葉大学薬学部 助手
1987
ベルギー王国 ゲント大学遺伝学教室 博士研究員
1990
千葉大学 講師(薬学部)
1993
同 助教授
1995
同 教授(現職)
2005
理化学研究所 植物科学研究センター グループディレクター
2010
理化学研究所 植物科学研究センター 副センター長
2013
同 環境資源科学研究センター 副センター長(現職)
2013
同 統合メタボロミクス研究グループ グループディレクター(現職)

お問い合わせ

kazuki.saito

理化学研究所 環境資源科学研究センター
統合メタボロミクス研究グループ

〒230-0045
神奈川県横浜市鶴見区末広町1丁目7番22号
中央研究棟7階C714号室
FAX: 045-503-9489
横浜へのアクセス

関連リンク

研究概要

統合メタボロミクス研究グループ
細胞内の全代謝産物(メタボローム)を同定および定量し、ゲノム機能と対応させることがメタボロミクス研究です。植物界の代謝産物の化学的多様性は非常に大きく、20万種にのぼる化学物質があると言われています。植物が生産するこれらの多様な化合物群は、植物自身の生存にとって重要であるばかりでなく、食料、工業原料、エネルギー、医薬品、健康機能成分など我々人間の生存にも欠かせない機能を有します。当グループでは、主に高性能質量分析計を用いた網羅的な非ターゲット代謝産物解析とそれに基づいた未知遺伝子機能同定および代謝ネットワーク解明を行っています。植物のもつ多様な物質生産機能の基本原理の解明をシロイヌナズナなどのモデル植物を用いて行い、さらに農作物、薬用植物などの有用資源植物における特異的代謝産物の生産システムをゲノムレベルで解明するファイトケミカルゲノミクス研究を進めています。同時に、それらの結果得られた基礎的な知見を循環的資源開発に応用する研究も推進しています。

研究テーマ

  1. 植物メタボロームの質量分析計を用いた精密ハイスループット解析の開発
  2. 代謝産物同定のためのデータベースの構築とメタボロームデータ解析のバイオインフォマティクス
  3. シロイヌナズナなどモデル植物やイネ、トマト、ダイズなど実用植物でのストレス応答、細胞分化および代謝機能分化に伴うメタボローム解析と遺伝子機能との関連付け
  4. 統合オミクス手法による有用資源植物における、フラボノイド、テルペノイド、アルカロイド、含硫黄成分、脂質、糖質などの生合成や蓄積に関わる新規遺伝子の同定およびネットワーク解明と有用物質生産への応用
メタボローム解析に用いる各種質量分析計
有用成分生合成の遺伝子共発現ネットワーク解析