Home > 研究室 >

分子構造解析ユニット
Molecular Structure Characterization Unit

ユニットリーダー

越野 広雪 Hiroyuki Koshino

農学博士

越野 広雪

略歴を表示する

略歴を隠す

1990
北海道大学大学院農学研究科 博士課程修了
1990
理化学研究所 抗生物質研究室 基礎科学特別研究員
1992
同 分子構造解析室 研究員
2000
同 室長
2003
同 先端技術開発支援センター物質構造解析チーム チームリーダー
2008
同 基幹研究所先端技術基盤部門物質構造解析チーム チームヘッド
2009
同 基幹研究所ケミカルバイオロジー研究基盤施設物質構造解析チーム チームヘッド
2013
同 袖岡有機合成化学研究室 副主任研究員
2015
同 環境資源科学研究センター 技術基盤部門分子構造解析ユニット ユニットリーダー(現職)

お問い合わせ

koshino

理化学研究所 環境資源科学研究センター
技術基盤部門
分子構造解析ユニット

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2番1号
生物科学研究棟2階S209号室
TEL: 048-467-9361
FAX: 048-462-1640
和光へのアクセス

関連リンク

研究概要

当ユニットでは、構造決定に必要な核磁気共鳴(NMR)や質量分析(MS)に関する新しい手法と技術開発を行い、ケミカルバイオロジー、メタボロミクス研究、あるいは様々な有機合成化学の研究などで発見あるいは創製される新規化合物の同定、構造解析へ応用します。有機化合物の構造解析において重要なNMR、MSおよび円二色性分散(CD)などの分析装置を共同利用機器として維持管理・運営を行い、オープンアクセス装置の利用講習、依頼測定、依頼解析、技術指導など様々な研究支援を全理研に対して行っています。さらに機器分析に有機合成化学的手法を交えて、有機化合物の同定、構造決定に必要な方法論を開発しその技術を高め、構造解析に関する様々な応用研究を所内外の共同研究として遂行しています。

研究テーマ

  1. 核磁気共鳴および質量分析に関する新しい手法と技術開発
  2. 機器分析と有機合成化学による有機化合物の同定と構造決定
  3. 核磁気共鳴および質量分析による研究支援と共同研究
  4. 有機合成化学を活用したNMR,CDなどの分光学的手法による新しい立体化学の決定法の開発と応用
研究支援と共同研究に利用している質量分析とNMR装置
最近構造決定あるいは構造訂正を行った天然有機化合物