Home > 研究室 >

植物ゲノム発現研究チーム
Plant Genomic Network Research Team

チームリーダー

関 原明 Motoaki Seki

博士(理学)

関 原明

略歴を表示する

略歴を隠す

ResearcherID

1994
広島大学大学院理学研究科 博士学位取得
1995
理化学研究所 ライフサイエンス筑波研究センター 植物分子生物学研究室 奨励研究員
1995
同 基礎科学特別研究員
1998
同 研究員
1999
同 ゲノム科学総合研究センター 植物ゲノム機能情報研究グループ/植物変異開発研究チーム 上級研究員
2002
同 和光研究所 植物分子生物学研究室 先任研究員
2006
同 植物科学研究センター 植物ゲノム機能研究グループ/植物ゲノム発現研究チーム 上級研究員
2006
同 チームリーダー
2008
横浜市立大学木原生物学研究所 客員教授(現職)
2013
理化学研究所 環境資源科学研究センター 植物ゲノム発現研究チーム チームリーダー(現職)
2018
同 開拓研究本部 関植物エピゲノム制御研究室 主任研究員 (兼任) (現職)

お問い合わせ

motoaki.seki

理化学研究所 環境資源科学研究センター
植物ゲノム発現研究チーム

〒230-0045
神奈川県横浜市鶴見区末広町1丁目7番22号
東研究棟8階E818号室
TEL: 045-503-9587, 045-503-9622(PHS)
FAX: 045-503-9584
横浜へのアクセス

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2番1号
和光へのアクセス

国際連携研究室:AGI(ベトナム・ハノイ)

関連リンク

研究概要

植物ゲノム発現研究チーム
統合オミックス解析により、環境ストレス適応・馴化に関するエピジェネティクス・RNA・ペプチドの制御機構を明らかにします。キャッサバ(炭素の資源化に有用な熱帯作物)の統合オミックス解析により、塊根形成の制御ネットワークを明らかにします。化合物などの活用や形質転換により環境ストレス耐性・生産性向上など新たな有用植物資源の創出法の開発を目指します。

研究テーマ

  1. 環境ストレス適応に関与するエピジェネティクス、RNA、ペプチド制御機構の解析
  2. 最先端科学技術を用いたキャッサバ分子育種の推進
  3. 化合物、ペプチド、形質転換技術の活用による有用植物資源(ストレス耐性強化など)の作出
エピゲノム・RNA・ペプチド・化学制御ネットワークの理解・活用による植物の環境ストレス耐性強化
地球規模課題解決へ貢献するキャッサバ研究の推進