Home > 研究室 >

植物免疫研究グループ
Plant Immunity Research Group

グループディレクター

白須 賢 Ken Shirasu

Ph.D.

白須 賢

略歴を表示する

略歴を隠す

ResearcherID

1993
米国 カリフォルニア大学デービス校遺伝学科 博士学位取得
1993
米国 ソーク研究所/ノーブル研究所 ポストドクトラルフェロー
1996
英国 ジョンイネスセンター セインズベリー研究所 研究員
2000
同 グループリーダー
2006
理化学研究所 植物科学研究センター 植物免疫研究グループ グループディレクター
2008
東京大学大学院理学研究科生物科学専攻 客員教授
2013
理化学研究所 環境資源科学研究センター 植物免疫研究グループ グループディレクター(現職)

お問い合わせ

ken.shirasu

理化学研究所 環境資源科学研究センター
植物免疫研究グループ

〒230-0045
神奈川県横浜市鶴見区末広町1丁目7番22号
東研究棟6階E618号室
横浜へのアクセス

関連リンク

研究概要

植物免疫研究グループ
当グループでは主に生化学的手法、遺伝学的手法を用いて、耐病性に関与する遺伝子、タンパク質および低分子化学物質を解析し、免疫システムの分子機構を明らかにする研究を行っています。耐病性シグナル複合体の研究、免疫システムの制御に関与するタンパク質の修飾などに注目し、タンパク質レベルでのダイナミックな制御機構を解明します。またモデル植物等を用い耐病性変異体を獲得して、新規耐病性原因遺伝子の特定を進めます。メタボローム基盤研究グループと協力して耐病性に関与する低分子化学物質の同定を推進し、作物へ応用するための基盤技術を開発します。

研究テーマ

  1. 耐病性シグナル複合体の研究
  2. 耐病性に関与するユビキチンリガーゼの研究
  3. 化学遺伝学法による耐病性原因遺伝子の特定
  4. 植物病原体のゲノム機能解析
  5. 寄生植物ストライガの寄生機構
イチゴ炭疽病
イチゴ炭疽病菌に感染された A.イチゴの葉、B.イチゴの実、C.イチゴの葉の顕微鏡写真
寄生植物ストライガの分子生物学的研究
植物を襲う植物がいる。その中でもアフリカの農業に深刻な被害を与えているのが、寄生植物ストライガである。大規模シークエンス解析によって、ストライガの遺伝子レベルでの研究が始まった。