理研-KRIBB連携研究ユニット
RIKEN-KRIBB Joint Research Unit

研究分野:
複合領域
研究関連分野:
総合理工/総合生物
キーワード:
微生物/天然化合物の単離/生物活性物質の評価/生合成

相互ネットワーク形成によりケミカルバイオロジー研究を推進します

ユニットリーダー

高橋 俊二 Shunji Takahashi 博士(理学)

高橋 俊二

略歴を表示する

略歴を隠す

1997
千葉大学大学院自然科学研究科 博士課程修了
1997
東京大学 日本学術振興会 研究員
1998
千葉大学大学院医学研究院 助手
2002
米国 ケンタッキー大学 博士研究員
2005
理化学研究所 長田抗生物質研究室 協力研究員
2007
同 長田抗生物質研究室 専任研究員
2011
同 化学情報・化合物創製チーム チームヘッド
2013
同 環境資源科学研究センター 天然物生合成ユニット ユニットリーダー (現職)
2017
同 環境資源科学研究センター 理研-KRIBB連携研究ユニット ユニットリーダー (現職)

お問合せ

理化学研究所 環境資源科学研究センター
理研-KRIBB連携研究ユニット

shunjitaka

和光地区アクセス
〒351-0198 埼玉県和光市広沢2番1号
ケミカルバイオロジー研究棟

関連リンク

研究概要

理研-KRIBB連携研究ユニット
当ユニットは、韓国生命工学研究院(KRIBB)の抗がん物質研究団(研究団長・Jong Seog Ahn)と連携し、微生物由来の生理活性物質に関する総合的研究を共同で行っています。新規物質の探索、単離、構造解析などの化学的研究を出発点として、生合成、生物活性評価、作用機作解析などの生物学的研究に至るケミカルバイオロジー研究を通して、創薬シードの創出を目指します。互いの研究員を交換(長期滞在)することにより、人的ネットワークの形成も促進します。

研究テーマ

  1. 生物活性物質の作用標的同定
  2. 微生物由来の新規生物活性物質の探索
  3. 微生物二次代謝産物の生合成機構の解明
微生物より単離された生理活性物質
 
微生物代謝産物の生合成