Home > 研究室 >

理研-マックスプランク連携研究部門
RIKEN-Max Planck Joint Research Division for Systems Chemical Biology

部門長

長田 裕之 Hiroyuki Osada

農学博士

長田 裕之

略歴を表示する

略歴を隠す

1983
東京大学大学院農学系研究科農芸化学専攻 博士課程修了
1983
理化学研究所 抗生物質研究室 研究員
1992
同 主任研究員
2008
同 ケミカルバイオロジー研究領域 領域長
2009
同 ケミカルバイオロジー研究基盤施設 施設長
2011
同 理研-マックスプランク連携研究センター 連携センター長
2011
同 バイオプローブ応用チーム チームリーダー
2011
同 理研-KRIBB連携研究チーム チームヘッド
2011
同 理研-USM連携研究チーム チームヘッド
2013
同 環境資源科学研究センター 副センター長(現職)
2013
同 環境資源科学研究センター ケミカルバイオロジー研究グループ グループディレクター(現職)
2013
同 環境資源科学研究センター 化合物リソース開発研究ユニット ユニットリーダー(現職)
2015
同 環境資源科学研究センター 技術基盤部門 部門長(現職)
2016
同 環境資源科学研究センター 創薬ケミカルバンク基盤ユニット 基盤ユニットリーダー (現職)
2017
同 環境資源科学研究センター 理研-マックスプランク連携研究部門 部門長(現職)

お問い合わせ

hisyo

理化学研究所 環境資源科学研究センター
理研-マックスプランク連携研究部門

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2番1号
ケミカルバイオロジー研究棟
和光へのアクセス

研究概要

マックスプランク研究所(ヘルベルト・ワルドマン教授およびピーター・ジーバーガー教授のグループ)との連携を中心に、システムズケミカルバイオロジーに携わる研究者間の交流促進、ならびに研究資源や情報、技術の有効活用を図ります。理研側では、独自の化合物ライブラリー(NPDepo)に加え、化合物ライブラリーから効率良く阻害剤を見つけ出す技術、マックスプランク研側では誘導体展開による、より良い生物活性を有する化合物を創出する手法など、両研究機関のコアとなる技術・手法は異なっており、その効果的な組み合わせによる相乗的なケミカルバイオロジー研究の進展を目指します。

チーム・ユニット

理研-マックスプランク連携研究部門を読み込み中