Home > 研究室 >

機能調節研究ユニット
Regulatory Network Research Unit

ユニットリーダー

申 怜 Ryoung Shin

Ph.D.

申 怜

略歴を表示する

略歴を隠す

2002
韓国 高麗大学校 博士学位取得
2002
米国 ドナルド・ダンフォース植物科学研究センター ポスドクフェロー
2006
同 アシスタントドメインメンバー
2008
理化学研究所 植物科学研究センター 機能調節研究ユニット ユニットリーダー
2013
同 環境資源科学研究センター 機能調節研究ユニット ユニットリーダー(現職)

お問い合わせ

Ryoung.Shin

理化学研究所 環境資源科学研究センター
機能調節研究ユニット

〒230-0045
神奈川県横浜市鶴見区末広町1丁目7番22号
中央研究棟6階C604号室
横浜へのアクセス

関連リンク

研究概要

1) 植物におけるカリウムの感知および欠乏時のシグナル伝達系の解明
当研究室では様々な手法を用いてシロイヌナズナにおけるカリウム感知および欠乏時のシグナル伝達に関わる因子の同定を行っています。

2) 新たな放射性セシウム除去技術の開発およびファイトレメディエーションの制御因子分析
福島の汚染土壌から効率的に放射性セシウムを除去する技術を開発するため、セシウムを効率的(非効率的)に吸収する植物体を作製することを目指しています。また、ケミカルスクリーニングで植物のセシウム吸収に影響を及ぼす化学物質を同定し、セシウム吸収を制御する因子を調査しています。

3) 窒素利用効率向上イネの開発および植物の栄養素利用効率を制御するメカニズムの解明
窒素は植物生長を制御する主要栄養素であるため、近年窒素肥料の使用量が増加しています。しかし肥料の増加に生産量の増加は正比例しません。また、余剰肥料は土壌汚染を引き起こします。環境保護意識が高まっている昨今、地球にやさしい新しい方法で農業の生産増加を達成する必要があります。そして持続的農業による食糧確保のため、窒素が不足した条件下においてもよく生長し、効率的に他の主要栄養素を利用するイネの開発を目指しています。

研究テーマ

  1. 植物におけるカリウムの感知および欠乏時のシグナル伝達系の解明
  2. 新たな放射性セシウム除去技術の開発およびファイトレメディエーションの制御因子分析
  3. 窒素利用効率向上イネの開発および植物の栄養素利用効率を制御するメカニズムの解明
植物の栄養センシングおよび代謝過程を制御する構成要素分子
セシウムの高効率ファイトレメディエーションに向けた展望