Home > 研究室 >

合成ゲノミクス研究グループ
Synthetic Genomics Research Group

グループディレクター

松井 南 Minami Matsui

理学博士

松井 南

略歴を表示する

略歴を隠す

1986
京都大学大学院生物物理学専攻 博士課程修了
1986
日本獣医畜産大学分子腫瘍学研究室 助手
1989
同 講師
1990
日本医科大学分子生物学研究部門 講師
1992
米国 イェール大学生物学部鄧興旺研究室 ポストドクトラルフェロー
1994
日本医科大学分子生物学研究部門 講師
1995
理化学研究所 国際フロンティア研究プログラム分子機構研究室 副チームリーダー
1999
同 ゲノム科学総合研究センター 植物ゲノム機能研究グループ植物変異探索研究チーム チームリーダー
2005
同 ゲノム科学総合研究センター 機能ゲノム研究グループ植物変異探索研究チーム チームリーダー
2006
同 植物科学研究センター 機能ゲノム研究グループ グループディレクター
2008
横浜市立大学木原生物学研究所 客員教授(現職)
2010
同 バイオマス工学研究プログラム 合成ゲノミクス研究チーム チームリーダー
2013
同 環境資源科学研究センター 合成ゲノミクス研究チーム チームリーダー
2014
同 環境資源科学研究センター バイオマス工学連携部門 部門長
2015
同 環境資源科学研究センター バイオマス工学研究部門 部門長(現職)
2015
同 環境資源科学研究センター 合成ゲノミクス研究グループ グループディレクター(現職)

お問い合わせ

minami

理化学研究所 環境資源科学研究センター
バイオマス工学研究部門
合成ゲノミクス研究グループ

〒230-0045
神奈川県横浜市鶴見区末広町1丁目7番22号
東研究棟8階E820号室
横浜へのアクセス

関連リンク

研究概要

合成ゲノミクス研究グループ
種々の生物の遺伝子情報を駆使して、主に植物を用いた新規の代謝経路、合成経路の機能を付与することにより、バイオマスプラスチック、バイオマスエネルギーに繋がる新規の化学物質を生産することを目的としています。具体的には、急速に集積されつつある多種生物のゲノム情報から、これらの目的に適う遺伝子情報を探索し、加工し、合成するために必要な代謝経路を創作し、新しいバイオマス資源の創出を目指します。

研究テーマ

  1. PHAを中心としたバイオマスプラスチック素材の植物における産生
  2. モデル及び有用植物のバイオマスに関わる表現形質研究
  3. 遺伝子設計素材の収集
合成ゲノミクス研究チームのプロジェクトゴール