Home > 研究室 >

合成ゲノミクス研究グループ
Synthetic Genomics Research Group

グループディレクター

松井 南 Minami Matsui

理学博士

松井 南

略歴を表示する

略歴を隠す

1986
京都大学大学院生物物理学専攻 博士課程修了
1986
日本獣医畜産大学分子腫瘍学研究室 助手
1989
同 講師
1990
日本医科大学分子生物学研究部門 講師
1992
米国 イェール大学生物学部鄧興旺研究室 ポストドクトラルフェロー
1994
日本医科大学分子生物学研究部門 講師
1995
理化学研究所 国際フロンティア研究プログラム分子機構研究室 副チームリーダー
1999
同 ゲノム科学総合研究センター 植物ゲノム機能研究グループ植物変異探索研究チーム チームリーダー
2005
同 ゲノム科学総合研究センター 機能ゲノム研究グループ植物変異探索研究チーム チームリーダー
2006
同 植物科学研究センター 機能ゲノム研究グループ グループディレクター
2008
横浜市立大学木原生物学研究所 客員教授(現職)
2010
同 バイオマス工学研究プログラム 合成ゲノミクス研究チーム チームリーダー
2013
同 環境資源科学研究センター 合成ゲノミクス研究チーム チームリーダー
2014
同 環境資源科学研究センター バイオマス工学連携部門 部門長
2015
同 環境資源科学研究センター バイオマス工学研究部門 部門長(現職)
2015
同 環境資源科学研究センター 合成ゲノミクス研究グループ グループディレクター(現職)

お問い合わせ

minami

理化学研究所 環境資源科学研究センター
バイオマス工学研究部門
合成ゲノミクス研究グループ

〒230-0045
神奈川県横浜市鶴見区末広町1丁目7番22号
東研究棟8階E820号室
横浜へのアクセス

関連リンク

研究概要

合成ゲノミクス研究グループ
種々の生物のゲノム配列が決定され、様々な機能のタンパク質やRNAが生命活動を支えるとともに、各生物に特徴的な代謝物生産に関与していることが明らかにされつつあります。合成ゲノミクス研究グループでは、このような多様なゲノム情報を駆使して、社会に役立つ物質生産に貢献する研究を行います。

研究テーマ

  1. 植物のゲノム研究:有用植物としての天然ゴム、ソルガムのゲノム解析およびトランスクリプトーム解析
  2. シングルセル研究:植物細胞1つのレベルでのトランスクリプトーム解析およびメタボローム解析
  3. 植物の光シグナル研究:モデル植物の光シグナルの仕組みの解明と代謝経路の光制御による応用
ゲノム情報の解読とその利用