Home >

プレスリリース

環境資源科学研究センター関連のプレスリリース記事をご紹介します。
2017/11/09 ペルフルオロアルキル化合物ライブラリーの構築
2017/11/07 植物の耐塩性に関わるヒストン脱アセチル化酵素の同定
2017/10/27 植物病原菌感染時の細胞死調節因子を同定
2017/10/27 大腸菌を用いたマレイン酸合成法の開発
2017/10/23 チロシンリン酸化によるジベレリン応答の新しい制御機構を発見
2017/10/20 イネやバイオマス作物を脅かす紋枯病から身を守るための植物免疫機構を解明
2017/10/20 口腔常在菌の中には、異所性に腸管に定着すると免疫を活性化するものがいる
2017/10/06 かび毒の生産制御機構
2017/09/27 植物二次代謝産物の生合成遺伝子の推定を簡便に
2017/09/20 哺乳類の受精における精子ゲノム再構築機構を解明
2017/09/19 植物に乾燥・高温耐性を付与する転写因子DREB2Aが活性化する仕組みを解明
2017/09/15 血糖値をさげる新しい化合物を同定
2017/08/24 沖縄三大高級魚スジアラの効率的給餌法にヒント
2017/08/18 種子の寿命をコントロールする
2017/08/11 セルロース合成の足場増やす遺伝子を発見
2017/08/01 植物の新しい環境ストレス適応機構の発見
2017/07/25 サ イトカイニン輸送による植物 成長 促進制御の 新たなしくみを発見
2017/07/25 化合物の標的機能を決定するツールを開発
2017/07/22 機能性ポリオレフィンの合成・制御に成功
2017/07/18 植物細胞の伸長を促進する新しいタンパク質を発見
2017/07/03 エタノールが植物の耐塩性を高めることを発見
2017/06/27 植物に酢酸を与えると乾燥に強くなるメカニズムを発見
2017/06/14 セリン生合成の新しい制御機構を発見
2017/05/29 植物の環境適応の過程で「水を取るか、病害菌から身を守るか」決め手となった仕組みを解明
2017/05/23 化合物の標的分子の同定を効率化
2017/05/17 植物への病原菌感染に新機構
2017/05/02 寄生植物は植物ホルモンを使い宿主を太らせる
2017/04/28 深海熱水系は「天然の発電所」深海熱水噴出孔周辺における自然発生的な発電現象を実証
2017/04/18 植物のエピジェネティクス変化をリアルタイムに捉えることに成功
2017/04/06 ニッケル錯体触媒の電子構造を可視化
2017/04/04

干ばつに強いイネの実証栽培に成功

2017/03/27 植物は2つの異なる応答機構によって低温ストレスに対する耐性を獲得している
2017/03/06 窒素を含む代謝物のメタボローム解析手法を開発
2017/02/24 地上部(葉と茎)を無くしたら根で光合成をすればいい?
2017/02/23

アミノ酸誘導体が植物のセシウム吸収を促進

2017/02/02 天然ゴム高生産株・病害抵抗株の遺伝子発現解析
2017/01/19 人工マンガン触媒の水分解経路を可視化
2017/01/19 化学的手法でクモの糸を創る
2017/01/17 植物が傷口で茎葉を再生させる仕組み
2017/01/17 新しいカルボキシル化酵素の発見
2017/01/11 植物の水分欠乏時の成長促進機構の発見
2016/12/26 代謝シミュレーションを簡便に行うツールを開発
2016/12/21 真核微細藻類ユーグレナを使った「バイオコハク酸」の生産に成功
2016/12/14 植物の青色光特異的伸長化合物を同定
2016/11/25 植物は侵入してきた病原体を兵糧攻めにして撃退する
2016/11/17 高温で働く植物の遺伝子スイッチがデザイン可能に
2016/11/02 SWEETタンパク質は植物ホルモン「ジベレリン」を輸送
2016/10/24 生薬「甘草」のゲノム解読に成功
2016/10/21 植物の青色光応答の初期過程を解明
2016/10/11 植物の細胞壁を改変
2016/10/03 インスリン分泌を阻害しているタンパク質の機能を発見
2016/10/01 C-N結合切断型Stilleカップリング
2016/09/26 新規セスキテルペン生合成遺伝子の発見
2016/09/26 放線菌におけるアミノ基キャリアタンパク質を介した二次代謝経路の発見
2016/09/13 窒素分子から直接ニトリルを合成
2016/09/12 胎生動物出現の鍵 : 糖による新たなエピジェネティック修飾を発見
2016/09/01 生体親和性の高いバイオプラスチック
2016/08/23 紫外線から植物を守る
2016/08/18 高分子量バイオプラスチックを生産する海洋性の光合成細菌
2016/07/26 毒のないジャガイモ
2016/07/21 光-電子相関顕微鏡法(CLEM)用システム「MirrorCLEM」を発売
2016/07/20 水素を合成する遺伝子の改変でバイオプラスチック原料の増産に成功
2016/07/07 寄生植物の侵入器官発生メカニズムの一端を解明
2016/06/24 植物アルカロイドの生産性はアミノ酸代謝酵素の収斂分子進化に起因することを明らかに
2016/06/24 天然ゴムのドラフトゲノムを解読
2016/06/17 半炭化バイオマスを用いた土壌改良の包括的評価法
2016/06/09 シルクの材料特性とアミノ酸配列の相関を解明
2016/06/02

ペルフルオロアルキル化合物の実用的な合成法

2016/05/27 植物の環境応答を向上させるゲノム編集技術の確立
2016/05/20 機能性ポリマーの新しい合成法を開発
2016/05/18 副生成物処理が不要なエステル化反応の触媒を開発
2016/04/13 リチウムホウ素化合物の新しい合成法を開発
2016/04/12 カラム分離なしで複雑な代謝混合物を構造解析
2016/03/16 トランスポゾンが環境ストレス耐性植物を誕生させた!
2016/03/15 有機ケイ素化合物の新しい合成法を開発
2016/03/07 髄膜炎菌感染症の新たな薬剤標的を発見
2016/02/26 酵母のアミノ酸取り込みを調節する化合物を発見
2016/02/04 イネの高温ストレス耐性を向上する方法の開発
2016/02/04 シルク材料での水の影響を解明
2016/01/18 エイズウイルスの細胞間感染の新たなメカニズムを解明
2016/01/05 植物の高温に対する初期応答のメカニズムを解明
2015/12/24 植物の耐塩性を高める化合物を発見
2015/11/27 長期の乾燥による葉の黄化防止に関わる遺伝子を発見
2015/11/13 葉緑体が植物の成長を制御する新たな仕組みを発見
2015/11/12 ポリケチド化合物の骨格形成に重要な酵素の機能解明
2015/11/10 細胞分裂のブレーキの働きを解明
2015/11/04

新たな代謝バイオマーカー探索法を開発

2015/10/30 アブシジン酸と拮抗的に働く新規化合物を同定
2015/10/27

かび毒テヌアゾン酸の生合成遺伝子を同定

2015/09/25

電気で生きる微生物を初めて特定

2015/09/24 炎症性腸疾患などに関与する免疫細胞の誘導メカニズムを解明
2015/08/06 コムギの塩ストレス耐性のメカニズムを解明
2015/08/05 ニンニクの薬用成分を作る鍵となる遺伝子を発見
2015/07/31 寄生植物の発芽誘導の仕組みを解明
2015/07/15 ミナトカモジグサとコムギの蓄積代謝物の共通点と相違点を解明
2015/07/06 シロアリ腸内の原生生物の表面共生細菌がリグノセルロース分解に寄与
2015/06/30 植物の分化全能性抑制の分子メカニズムの一端を解明
2015/06/25 重力によって移動方向が変わらないオーキシンを発見
2015/06/18 稲わら中の化成品原料成分の解明に成功
2015/05/26 血圧上昇に関与する酵素を阻害する新規含硫黄代謝物を発見
2015/05/25 海洋天然物セオネラミドはコレステロールに結合し細胞膜の秩序を乱す
2015/05/15 有用プランクトンを細胞丸ごと計測する多次元固体NMR解析
2015/05/05

生体内の低分子化合物を網羅的に捉える解析プログラムを開発

2015/04/28

微生物が特定の形の代謝物を作るために必要な酵素遺伝子を発見

2015/04/08 海水を用いた淡水性ラン藻の培養に成功
2015/04/01 ソルガムのデータベース「MOROKOSHI」をバージョンアップ
2015/03/10 植物由来の次世代型農薬へ
2015/03/05 セシウムと結合し植物への取り込みを抑制する化合物を発見
2015/02/13 高等植物の雄しべ発達過程を制御する植物ホルモン輸送体を発見
2015/02/07 タンパク質の「集合と拡散」による植物草丈制御の仕組みを発見
2015/01/15

植物ミトコンドリアへ選択的に遺伝子導入する手法を開発

2015/01/15 省力・低コストで電子顕微鏡画像からオルガネラを検出する方法を開発
2015/01/09 細胞壁リグニンの分子構造を変える新しい方法を開発
2015/01/05 植物のビタミンC輸送体を世界で初めて同定
2014/11/25 情報伝達タンパク質「Hik8」で、ラン藻のアミノ酸生産を効率化
2014/11/20 越冬性植物の遺伝子発現とタンパク質発現にタイムラグ
2014/10/28 日本のイネ175品種の代謝物すべてをゲノムワイド関連解析
2014/09/19 植物ホルモンのサイトカイニンは葉から根に長距離移動してマメ科植物の根粒数を制御する
2014/09/13 ジャガイモの有毒アルカロイド生合成酵素遺伝子を同定
2014/08/28 ベンゼンの「炭素-炭素結合」を室温で切断
2014/08/15

植物の根の太さを制御する仕組みを解明

2014/07/10 転写因子「NtcA」により、ラン藻の増殖促進と代謝改変に成功
2014/07/09 シロアリの後腸に共生バクテリアによる新たな代謝経路を発見
2014/06/30 中性の水から電子を取り出す「人工マンガン触媒」を開発
2014/06/16 セシウムを吸収した植物の細胞内での分布の可視化に世界で初めて成功
2014/05/29 藻類から陸上植物への進化をつなぐ車軸藻植物のゲノム配列を解読
2014/05/15 河口底泥の環境分析データの統合的評価と“見える化”
2014/04/29 植物ホルモン「サイトカイニン」の輸送を担う遺伝子を同定
2014/03/29 リグニン構成成分を原料としたバイオプラスチックの微生物生産
2014/03/24 自己細胞死を促すシステムの獲得が植物陸上化の鍵を握っていた!
2014/03/13 植物が活性酸素を生成し病原菌を撃退する仕組みを解明
2014/02/17 ラン藻のバイオプラスチック生産が3倍増
2014/01/27 植物の環境ストレスに対抗する新しいアプローチ
2014/01/23 光合成によるバイオプラスチックの生産効率で世界最高レベル達成
2014/01/16 フラボノイドの高蓄積が酸化と乾燥ストレスへの耐性を高める
2014/01/14 海藻類の有機・無機成分複雑系の統合解析技術を構築
2013/11/26 植物ホルモン「サイトカイニン」の「質」の重要性を解明
2013/11/19

夢のらくらく栽培トマト開発に道

2013/11/15 従来の数万分の1の触媒量で機能するパラジウム触媒を開発
2013/10/10 モデル実験植物ミナトカモジグサの遺伝子構造を9,000カ所以上刷新
2013/10/09

植物病害応答の新規制御メカニズムを発見

2013/09/30 新しいがん分子標的治療薬の開発
2013/09/20 多次元NMR法によるリグノセルロースの立体構造評価手法を構築
2013/09/12

キャッサバの系統間におけるDNA配列の違いを網羅的解析により同定

2013/09/11

ラン藻の水素生産量を2倍以上増加させることに成功

2013/09/03 海底から噴出する熱水を利用した燃料電池型発電に成功
2013/08/26 植物のストレスに対する応答を調節する3つの新規転写因子を発見
2013/08/05 植物特有のミトコンドリア遺伝子調節機構を解明
2013/07/31 植物の陸上進出の鍵となる乾燥耐性のしくみを解明
2013/07/31 植物で発見された動物の神経伝達調節因子はどのような機能をもつか
2013/07/08 窒素欠乏時のラン藻の代謝を網羅的に解析し、代謝の矛盾を解消
2013/06/28 窒素分子の切断と水素化を常温・常圧で実現
2013/06/27 鉄を用いた安価で効率のよい水素化触媒を開発
2013/06/21 植物のDNAをデザインするウェブアプリ「PromoterCAD」を開発
2013/06/20 “土に還る”バイオマスの分解・代謝評価法を構築
2013/06/15 植物の高い再生能力にはmRNAの制御機構が重要
2013/04/19 組織間での情報伝達を介した葉の成長メカニズムを解明
2013/04/10 植物は器官の大きさを適度に保つための独自の知恵をもっている
2013/04/09 植物ホルモンアブシシン酸の応答経路を大規模に解明
2013/03/28 新しい研究体制に関する理事長会見