Home >  >

SDGsへの貢献

SDGs(持続可能な開発目標)とは

2015年の9月25日-27日、ニューヨーク国連本部において、「国連持続可能な開発サミット」が開催され、150を超える加盟国首脳の参加のもと、その成果文書として、「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。アジェンダは、人間、地球及び繁栄のための行動計画として、宣言および目標を掲げました。この目標が、ミレニアム開発目標(MDGs)の後継であり、17の目標と169のターゲットからなる「持続可能な開発目標(SDGs)です。(国際連合広報センターHPより 

CSRSにおける取り組み事例

CSRSでは「⾃然界で⽣分解される植物由来のバイオプラスチック」「気候変動に耐えるような厳しい環境で⽣育できる作物の創出」「さまざまな環境で⾃⼰修復性能できるポリマー」「⽔を電気分解し続けるマンガン触媒」など⾰新的な成果を創出しています。