Home >

研究支援技術

多様な高性能質量分析装置と高度な解析技術を活用し、メタボローム解析とホルモン解析を支援します。

支援技術と利用手引き

ホルモン解析

超高感度、ハイスループットかつ構造解析能力の高い装置により、高精度のホルモン動態解析が可能です。

植物ホルモン定量解析  
  質量分析機を用いた植物ホルモン定量解析を行います。
  抽出用ワークステーション
抽出用ワークステーション
LC-QqQMS
LC-QqQMS
     
植物ホルモン高精度質量分析  
  TOF型質量分析器を用いた植物ホルモン類の定性的、定量的な分析を行います。
  LC-QTOFMS
LC-QTOFMS
 

 

メタボローム解析

汎用性の高い質量分析装置に加え、イオン性物質や高分子物質の解析に適した機器を有し、高精度の非ターゲットおよびワイドターゲット分析が可能です。

ワイドターゲットメタボローム解析   LC-QTOF-MSを用いたメタボローム解析
  約500種類の一次、二次代謝産物の解析を行います。     二次代謝物のメタボローム解析を行います。
  LC-QqQMS
LC-QqQMS
    LC-QTOFMS
LC-QTOFMS
         
FTICR-MSを用いたメタボローム解析   CE-MSを用いたメタボローム解析
  二次代謝物の高分解能なメタボローム解析を行います。     イオン性化合物のメタボローム解析を行います。
  LC-FT-ICRMS
LC-FT-ICRMS
    CE-TOFMS
CE-TOFMS
         
GC-MSを用いたメタボローム解析   LC-MSを用いたリピドーム解析
  一次代謝物のメタボローム解析を行います。     脂質・油脂を対象としたメタボローム解析を行います。
  GC-TOFMS
GC-TOFMS
    LC-QTOFMS
LC-QTOFMS

基本利用情報

試料の調製、送付

利用の手引きに従って試料を調製し、植物試料の授受における確認書とともに送付してください。遺伝子組換え生物を試料とする場合は、関連する法令および研究機関の安全管理規程に従って下さい。

◆◆◆ 重要 ◆◆◆
海外から郵便等により輸入した種子・種苗等を試料とする場合には、植物防疫法に基づく検疫が済んでいることを確認してください。

 

研究成果の発表

共著での発表をお願いします。学会発表申込や論文作成時に担当者までご連絡ください。

 

解析費用

解析にかかる実費負担の有無については担当者とご相談ください。

利用申請

申請の前に必ず基本利用情報のご確認をお願いします。

申請方法

下記の手順に従い、申請書は担当者と事務局までメール添付にてお送り下さい。

申請方法

 

申請書
申請書の記入例

お問い合わせ

支援技術の内容について

利用の手引きに書かれている各技術の担当者に直接ご連絡ください。

 

本サイトについて

国立研究開発法人理化学研究所 環境資源科学研究センター
〒230-0045
神奈川県横浜市鶴見区末広町1丁目7番22号
TEL: 045-503-9471 / FAX: 045-503-9113
Email:post-psr-net@ml.riken.jp