CSRS Home

RIKEN Home

RIKEN Center for Sustainable Resource Science (CSRS) will host an international symposium themed “Hope for the Future - RIKEN Symposium on Sustainable Resource Science -”.

 

Friday, May 28, 2021 9:00 am to 5:50 pm JST
Organizer: RIKEN Center for Sustainable Resource Science (CSRS)
Zoom Webinar
 * English and Japanese (Simultaneous interpretation from English to Japanese)
 * Pre-registration is required from the page of "Registration".
Live-stream on YouTube  https://youtu.be/5Gz8GOyqVVQ
 * English only
 * Free to access

 

Since its establishment in 2013, CSRS has been promoting "problem-solving" research based on the principle of "manufacturing" with a low environmental impact, with the aim of realizing a sustainable society through the integration of different fields of plant science, chemical biology, and catalytic chemistry. The purpose of this symposium is to establish a new field of "sustainable resource science" for the realization of the Sustainable Development Goals (SDGs) and to widely disseminate this field to society, and to allow us to discuss society’s expectation of this new field and what our centers and researchers can and should do to make this all possible. Dr. Akira Yoshino (recipient of the Nobel Prize in Chemistry 2019) and Professor Johan Rockström (Director of the Potsdam Institute for Climate Impact Research) will give talks as keynote speakers.

 

+++ Important notice +++
Recording or taking picture(including screen captures) of any contents delivered in this symposium, as well as quotation, diversion, distribution, and publication using them, are strictly prohibited.

 

 

理化学研究所 環境資源科学研究センター(CSRS)は、 “Hope for the Future - RIKEN Symposium on Sustainable Resource Science -” と題した国際シンポジウムを開催します。

 

2021年5月28日(金)9:00 am 〜 5:50 pm
主催: 理化学研究所 環境資源科学研究センター(CSRS)
Zoomウェビナー
 * 英語 / 日本語 (英語から日本語への同時通訳あり)
 * ご参加には、“参加登録”ページより事前登録が必要です。
YouTubeライブ配信  https://youtu.be/5Gz8GOyqVVQ
 * 英語のみ
 * 事前の参加登録は不要です。

 

 

理研CSRSは2013年の設立以来、植物科学、ケミカルバイオロジー、触媒化学の異分野融合によって持続的な社会の実現に向け、環境負荷の少ない「モノづくり」を理念に「課題解決型」研究を推進しています。 本シンポジウムは、「環境資源科学」という新しい分野を確立し、広く社会に発信することを目的とし、社会が求める「環境資源科学」とは何か、そして我々のセンターや研究者に何ができる/すべきかについて議論します。

2019年ノーベル化学賞を受賞された吉野 彰 博士(旭化成株式会社・名誉フェロー) と SDGsの基礎となったプラネタリー・バウンダリーを提唱した、Prof. Johan Rockström(ポツダム気候影響研究所・所長 / ポツダム大学 Earth System Research・教授)より基調講演を行っていただきます。

 

+++ 重要なご案内 +++
本シンポジウムで配信する映像および音声の録画(画面キャプチャを含む)録音、撮影と、これを用いた引用、転用、配信、公開を禁止します。