創薬・医療技術基盤連携部門
Drug Discovery Platforms Cooperation Division

研究分野:
生物学
研究関連分野:
化学
キーワード:
ケミカルバイオロジー/エピジェネティクス/作用機作/遺伝子発現制御/創薬スクリーニング
参画プロジェクト:
創薬・医療技術基盤連携部門
D

新薬創製を目的とするHTSと創薬化学によってシード/リード化合物を創製します

部門長

吉田 稔 Minoru Yoshida 農学博士

吉田 稔

お問合せ

理化学研究所 環境資源科学研究センター
創薬・医療技術基盤連携部門

yoshidam

和光地区アクセス
〒351-0198 埼玉県和光市広沢2番1号

関連リンク

研究概要

近年急速に解明が進んだ膨大なゲノム情報から数多くの新 な創薬標的が明らかになってきています。こうした基礎研究の輝かしい成果から生まれた情報を最大限に応用し活用するためには、実際の医療につなげるための新しい技術や評価方法の開発が不可欠であり、それらが多くの生命科学者の次なる挑戦となりつつあります。大学や公的研究所による創薬研究(アカデミア創薬)は世界の潮流であり、理研では創薬・医療技術基盤プログラム(DMP)を開始して、理研の卓越した科学技術をプラットフォームとして提供することにより、アカデミア創薬を加速することを目指しています。当部門はDMPのメンバーとして、多様性に富んだ天然化合物ライブラリーとそれをハイスループットにスクリーニング(HTS)するための適切な評価系と機器システム、およびヒットからリード化合物を創製するための創薬化学をプラットフォームとして提供し、アカデミア創薬へ貢献することを目指します。

チーム・ユニット