Home > 研究室 >

技術基盤部門
Technology Platform Division

部門長

長田 裕之 Hiroyuki Osada

農学博士

長田 裕之

略歴を表示する

略歴を隠す

1983
東京大学大学院農学系研究科農芸化学専攻 博士課程修了
1983
理化学研究所 抗生物質研究室 研究員
1992
同 主任研究員
2008
同 ケミカルバイオロジー研究領域 領域長
2009
同 ケミカルバイオロジー研究基盤施設 施設長
2011
同 理研-マックスプランク連携研究センター 連携センター長(現職)
2011
同 バイオプローブ応用チーム チームリーダー
2011
同 理研-KRIBB連携研究チーム チームヘッド
2011
同 理研-USM連携研究チーム チームヘッド
2013
同 環境資源科学研究センター 副センター長(現職)
2013
同 環境資源科学研究センター ケミカルバイオロジー研究グループ グループディレクター(現職)
2013
同 環境資源科学研究センター 化合物リソース開発研究ユニット ユニットリーダー(現職)
2015
同 環境資源科学研究センター 技術基盤部門 部門長(現職)
2016
同 環境資源科学研究センター 創薬ケミカルバンク基盤ユニット 基盤ユニットリーダー (現職)

お問い合わせ

hisyo

理化学研究所 環境資源科学研究センター
技術基盤部門

〒351-0198 埼玉県和光市広沢2番1号
ケミカルバイオロジー研究棟
和光へのアクセス

関連リンク

研究概要

本基盤部門は次の3つのユニットで構成されています。
1)タンパク質や核酸を始めとする生体高分子に加え、翻訳後・転写後修飾など高分子と結合する因子を含めた解析手法を開発し、これらの手法を応用して生命現象の分子機構の解明を進めます。
2)有機化合物の構造決定に必要な核磁気共鳴(NMR)と質量分析(MS)および合成化学的手法の技術開発を行い、同時に分子構造解析に関する様々な研究支援と共同研究を遂行しています。
3)植物メタボロームおよびホルモノームの解析のための質量分析ならびに植物細胞の微細構造解明のための顕微鏡解析の技術基盤開発と実際分析を担当します。

チーム・ユニット

技術基盤部門を読み込み中