先端技術プラットフォーム
Advanced Research and Technology Platforms

解析技術基盤・情報基盤を高度化し
日本の科学技術のハブとしてイノベーションを牽引します。

最先端の分子解析基盤が揃う理研では、技術基盤部門がコアとなり、他の研究所や大学との共同研究が活発に行われています。これらの解析技術基盤、情報基盤を活用・高度化し、各フラッグシッププロジェクトの効率的な推進をバックアップしていきます。
具体的には化合物同定を自動化する解析技術の開発、細胞内の全代謝の理解につながる植物ホルモンも含めた統合メタボローム解析基盤、電子顕微鏡などを用いたイメージング技術基盤や表現型解析基盤の高度化、あるいは植物から微生物まで多岐にわたる研究を束ねた生理活性物質開発プラットフォームの確立、化合物バンクの拡張などがあげられます。さらにこれらの解析技術を支えるために、横断的な情報基盤の活用・高度化も目指します。先端技術プラットフォームは理研の科学技術ハブ機能形成を牽引し、産業界との連携を深めながら次代を担うイノベーションを創出していきます。

先端技術プラットフォーム
吉田 稔

プロジェクトリーダー

吉田 稔 Minoru Yoshida

農学博士

当センターの基盤を元に日本のみならず世界の科学技術に貢献したいと思っています。そのためにも化学と生物学の境界で活躍できるような若い研究者を育て、ケミカルバイオロジーの基盤を軸に、研究者同士を結びつけるハブ機能を果たしていきます。

平井 優美

プロジェクトリーダー

平井 優美 Masami Yokota Hirai

博士(農学)

解析技術基盤のハードとソフト両面からの高度化に対して、情報基盤をどのように活かせるのか、とてもやりがいを感じています。さらにメタボローム解析の自動化や三次元イメージングを可能にするところまで研究を進めていきます。