革新的植物バイオ
Innovative Plant Biotechnology

持続的な食料・バイオマス生産への貢献のため、
植物の形質改良技術を開発します。

地球温暖化や気候変動、人口増加なども加わって、持続的な食料の供給と確保は今や地球規模の課題となっています。環境資源科学研究センターはモデル植物を用いた有用遺伝子の探索と機能解明に取り組み、作物への橋渡しとなる研究を進めてきました。これらの研究成果をもとに、本プロジェクトでは、環境ストレスに適応し耐病性等を備えた、質的・量的付加価値の高い植物の開発を目指します。
さらにオミックス解析を用いて、ペプチドをはじめとするさまざまな制御因子を探索するとともに、ケミカルバイオロジーの手法を活用し、食料やバイオマスの生産性向上、機能性向上につながる重要因子を解明していきます。また圃場での成果をさまざまな条件下にある実際の農地へと確実に転換するために、情報科学を駆使してデータを多角的に蓄積、解析し、形質改良に活かします。

革新的植物バイオ
松井 南

プロジェクトリーダー

松井 南 Minami Matsui

理学博士

食料の安定的な確保への対応が求められる一方で、ゲノム解読や解析技術はスピードアップし、情報科学技術の向上によって正確に遺伝子情報等を調べることが可能になってきました。革新的な技術の開発に結びつく可能性も格段に広がる中で、研究者に対してより一層期待が高まっていることを実感します。
現在、東南アジアをはじめとする海外研究機関と生産につなげる共同研究も展開しています。こうした国内外の専門機関との連携を深めながら、社会に還元するために、これまで蓄積してきたゲノム情報や形質改良技術を積極的に活用していきたいと考えています。